Take Out

クリスマス シュトレン

ご存知ですか?
クリスマスまでの“食べる”カウントダウン

クリスマスまでの4週間の間、キリストの誕生を待ち望むアドベント(待降節)の期間中に少しずつ切り分けて食べるシュトレン。日が経つにつれてブランデーやワイン、フルーツ、ナッツの香りが馴染んでどんどん味わい深くなっていく“クリスマスが待ち遠しい”お菓子です。
最近ではホテルや百貨店でも販売する店を多く見掛けるようになり、値段もお手頃なものから高級なものまでさまざまです。シュトレンの『食べ比べ』や何店舗かのシュトレンを買い揃えた『シュトレンパーティー』も12月をたのしむイベントとして注目を集めています。
ちなみに、今年の待降節は12月2日(日)からはじまります。

 

しっとり、ザクッ・ゴロッ

ホテルマリノアリゾート福岡のシュトレンはずっしり重い。洋酒でマリネしたクランベリーやレーズン、くるみなどをたっぷり練り込んだ生地と官能的なスパイスの香り。具材が“ギュッ”と詰まっているのが特徴です。しっとりとした舌触りにうっとりしていると、所々にザクッザクッとした食感が。噛むほどに具材がホロホロとほどけ、発酵バターとバニラの香りが口いっぱいに広がります。喉を通る瞬間にじんわり広がるブランデーの香りも交わり、何とも贅沢な気分に。天然酵母を使った手作りシュトレンは、紅茶はもちろん、ワインと一緒にたのしむのもおすすめです。

 

シュトレンの由来

ドイツ発祥のクリスマスの定番菓子シュトレン。ドイツ語では坑道を意味します。トンネルのようなカタチをしていることから名づけられたと言う説も。幼子イエスを産着で包んでいる姿を想像させることより、聖母マリアがキリスト生誕を祝福に来た人のために焼いたお菓子とも言われています。

 

おいしい食べ方

その1:真ん中から切る!

真ん中から左右交互に、外側に向かって食べていくのがおすすめです。断面部をぴったり合わせて保存すると乾燥を防ぐこともできます。

 

その2:とにかく薄く!

ぺティーナイフや薄い刃の訪朝で、1㎝を目安にカット!

 

その3:ゆっくり日にちをかけて食べる!

熟成が進むほどおいしさが増します。電子レンジで10秒ほど温めて食べるのもGood♪

 

その4:よく合うおすすめの飲物は!?

[ 定  番 ]濃いコーヒー・紅茶

[ 甘  党 ]ホットチョコレート

[大人女子]ホットワイン・ほうじ茶

[ 紳  士 ]ブランデー(お湯割り)

 

 

 

クリスマスシュトレン予約受付中!

[サイズ]約22㎝

[価 格]1本3,500円(税込)

[お受け取り期間]12/3(月)~12/21(金)

[お受け取り場所]ホテル2F レストランブルシエール

[ご予約受付期間]12/9(日)まで

※ご予約はお電話またはWEBより承ります。

 

TEL.092-895-5511

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です